Lommer

[風神雷神図屏風×ホロレンズ]記者発表会

[FUTURE of LEARNING PROJECT]2017年7月4日、京都・建仁寺でおこなわれたhakuhodo-VRARの新プロジェクト記者発表会記録ムービー。 建仁寺が所蔵する国宝「風神雷神図屏風」を題材とし、デジタル技術を用いて文化財を「体験する」ことをテーマに、共同研究を開始します。新たな文化財の鑑賞の在り方、文化教育や観光の新モデル確立を目指します。文化財にMixed Reality(複合現実、以下 MR)の技術を応用することにおいては、世界に先駆ける開発となります。 作品に込められた俵屋宗達の意図や、「風神雷神」の由来、後世への影響などを、体験型のストーリーで表現します。MRを実現する『Microsoft HoloLens』を着用した鑑賞者は、「風神雷神図屏風」の実物と3Dホログラフを融合した視聴覚体験ができます。 建仁寺での一般公開や、京都国立博物館での公開などを現在検討中。
■hakuhodo-VRARとはVR・ARの最先端技術を駆使する博報堂と博報堂プロダクツの専門ファクトリー。VR・AR、及びMRの可能性を存分に活かしたプロモーションを情報拡散まで360°ワンストップで提供する。 博報堂について詳しくはコチラ http://www.hakuhodo.co.jp/ 博報堂プロダクツについて詳しくはコチラhttp://www.h-products.co.jp/
■株式会社 wise(代表取締役:尾小山 良哉)とはVR、MR、AIなどの先端技術と、自社制作のCG映像との融合による「体験型のものづくり」を得意とする。高いレベルで生み出されたそのノウハウを駆使し、幅広い表現領域であらゆるシーンに技術を提供、2017年4月よりhakuhodo-VRAR[FUTURE of LEARNING PROJECT]に参画。 wiseについて詳しくはコチラhttps://www.wiseinc-net.com/
■建仁寺とは京都最古の禅寺である建仁寺は、臨済宗建仁寺派の大本山。開山は栄西禅師。開基は源頼家。鎌倉時代の建仁二年(1202年)の開創で、寺名は当時の年号から名づけられている。 建仁寺について詳しくはコチラ http://www.kenninji.jp/

CREDIT

Director ::
Shoyo Miyao
Music ::
HIFANA
Produced by
GROUNDRIDDIM
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status